【(2) 忠烈祠,故宮博物院,中正記念堂】 【(3) 淡水,士林夜市,龍山寺,雙連朝市,圓山大飯店】 【(4) 台北国際花の博覧会】

    台北の旅
(1)  台北,九分,饒河街夜市

政治の中心から生活の一端まで「懐かしさと新しさ」が同居し、様々な表情に出会えるエキサイティングな台北、見て,食べて,・・・、1月17日から3泊4日の旅を楽しんできました。
台北の街も人も、凄い活気が感じられます。
鋭さがあって強い眼差しと思いきや、思いっきり愛嬌のある笑顔を見せたり・・・、お腹が空いたらその辺の屋台でバクバク食べてる。男も女も関係ない、とにかく食べてる。
道路では、スクーターが我先に!と先頭を競い合ってる。スクーターの数はもの凄い、自動車の方が勢いに負けちゃってるようです。

撮影年月日 = 2011年1月17日〜20日


    手動の時には、下の写真を左クリックして下さい。


台北市 台北市は中華民国の首都、260万人が居住する台湾最大の都市、面積は約272平方キロメートルです。
台北市は急速な人口増加のため、台北盆地の山際にまで都市化が進展しています。中心部は古くから栄えた地域であり、日本時代の建築や清時代の遺構が多くあります。
人口が集中している台北では、中華路、忠孝東路、仁愛路、羅斯福路、基隆路等の高規格道路が建設されていますが、それを補完すべき補助道路の整備が遅れ、特に旧市内では極めて狭隘な道路が出現し、交通動線を阻害するものとなっています。路地には駐車しやすいスクーターが市民の足として活用され、車道をスクーターが占める異様な景観を生み出しています。

台北市内の移動には地下鉄(MRT)が便利です。3〜5分間隔で運行されていて、料金も近距離なら20元(日本円換算約60円)〜30元(日本円換算約90円)、目的地が駅から遠いときは、最寄駅で降りてタクシーを拾うとよいでしょう。最寄駅まで地下鉄、そこからタクシーという組み合わせにすれば、市内のほとんどの場所に「速く」「安く」「簡単に」行くことができます。
九分
(分は、人偏に分)
九分は台湾の一寒村に過ぎなかったが、19世紀末に金の採掘が開始されたことに伴い徐々に町が発展し、日本統治時代にその最盛期を迎えた。九分の街並みは日本統治時代の面影を色濃くとどめており、当時の酒家(料理店)などの建物が多く残されています。しかし、第二次大戦後に金の採掘量が減り、1971年に金鉱が閉山されてから町は急速に衰退、一時人々から忘れ去られた存在となっていました。
1989年、空前のヒットとなった映画「悲情城市(A City of Sadness)」のロケ地となったことで九分は再び脚光を浴びるようになりました。映画を通じノスタルジックな風景に魅せられた若者を中心に多数の人々が九分を訪れ、また他のメディアにも取り上げられるなど、台湾では1990年代初頭に一時九分ブームが起こりました。ブームを受け、町おこしとして観光化に取り組んだ結果、現在では街路(基山街など)に洒落た喫茶店や茶藝館、みやげ物屋などが建ち並び、週末には台北などから訪れる多くの人々で賑わっています。
台北〜九分は車で約1.5時間。
饒河街夜市 レトロな雰囲気が懐かしさを誘う老舗夜市。
別名「松山夜市」とも呼ばれ、松山慈祐宮の門前に続く歴史ある夜市です。
雑貨や洋服、屋台料理などを扱うところで、その手ごろな値段が魅力的で多くの人々を引きつけています。
饒河街の名物は骨付き豚肉を使った薬膳スープと臭豆腐。地元の人たちに大人気なのだが・・・・・・、匂いが強烈なので日本人の観光客は敬遠かな?
台北101 台北のランドマーク、展望台から台北の街が一望できます。
7年間の工期を経て、2004世界一の超高層建築物として竣工されました。
高さ509.2メートル、地上101階、全面ガラス張りの近代的建築ながら、輪郭は伝統的な「宝塔」と「竹の節」がイメージされています。